監督・脚本 / 朝原雄三

1964年生まれ、香川県出身。高校時代から8ミリ映画製作を始める。
京都大学文学部を卒業後、87年、松竹入社。
95年、『時の輝き』で監督デビュー。同年、コメディーに挑戦した『サラリーマン専科』でもその実力を発揮する。その後、『学校』シリーズや『たそがれ清兵衛』(02)などの作品で助監督を務める。2003年、『釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!』の監督を務め、人気シリーズに新たな息吹を吹き込み、以降、『釣りバカ日誌20 ファイナル』(09)までの7作品に監督として携わった。その他、第3回WOWOW シナリオ大賞受賞作、ドラマW「遠い日のゆくえ」(12)、向田邦子ドラマスペシャル「蛇蠍のごとく」(12/TX)、映画『武士の献立』(13)などを手掛ける。『釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?』で、2004 年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した。

コメント

アメリカ小説の映画化に当たって、登場人物も物語もすっかり変更することになってしまいましたが、原作者が示してみせてくれた人生の理想に対する期待だけは生かすことが出来たように思います。
自分の生きてきたこれまで、そしてこれからに思いを巡らせたり、もう亡くなってしまった人のことをふと思い出したり、若い人たちの輝きがとても眩しく貴重に感じたり、そんなことの多くなった世代の方々にご覧いただければと思います。