佐藤浩市(さとう・こういち)/小林篤史

1960年生まれ、東京都出身。
80年、TVドラマ「続・続 事件~月の景色~」(NHK)でデビュー。
映画初出演作品となる『青春の門』(81)で日本アカデミー賞とブルーリボン賞の新人俳優賞を受賞。その後『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(94)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『ホワイトアウト』(00)、『壬生義士伝』(03)で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。
主な映画出演作は『ザ・マジックアワー』(08)、『誰も守ってくれない』(09)、『最後の忠臣蔵』(10)、『のぼうの城』(12)、『あなたへ』(12)、『草原の椅子』(13)、『人類資金』(13)、『清須会議』(13)、『許されざる者』(13)、『バンクーバーの朝日』(14)など。

樋口可南子(ひぐち・かなこ)/小林良子

1958年生まれ、新潟県出身。
80年に『戒厳令の夜』で映画に初出演し、81年ゴールデンアロー賞新人賞を受賞。
92年には、『陽炎』、『四万十川』にて、第15回日本アカデミー賞優秀主演女優賞。また、2002年の『阿弥陀堂だより』、06年の『明日の記憶』で、夫を支える献身的な妻役を演じ、2 作ともに日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞、演技派女優として人気を不動のものとする。
近年では、11年放送のTVドラマ「おひさま」(NHK)で日本放送映画藝術大賞優秀助演女優賞を受賞。TVCMなど活躍の場を広げている。『アキレスと亀』(08)以来、本作が7年ぶりの映画出演となる。

北川景子(きたがわ・けいこ)/小林聡子

1986 年生まれ、兵庫県出身。2003 年に女優デビュー。
06 年、『間宮兄弟』で映画初出演。「謎解きはディナーのあとで」(11/CX)、「悪夢ちゃん」(12/NTV)、「独身貴族」(13/CX)、「HERO(第2期)」(14/CX)など、立て続けに話題のTVドラマに出演する一方、『花のあと』(10)、『瞬 またたき』(10)、『パラダイス・キス』(11)等主演映画作品も多数あり、TV、映画と幅広く活躍する今もっとも期待される女優の一人。近年の主な映画出演作は、『映画 謎解きはディナーのあとで』(13)、『ルームメイト』(13)、『抱きしめたい―真実の物語―』(14)、『悪夢ちゃんthe 夢ovie』(14)など。公開待機作に『HERO』、『の・ようなもの のようなもの』がある。

野村周平(のむら・しゅうへい)/杉本徹

1993年生まれ、兵庫県出身。
2011年、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』で映画デビュー。
その後、『天国からのエール』(11)、『らもトリップ』(12)、『スープ~生まれ変わりの物語~』(12)、『江ノ島プリズム』(13)、『男子高校生の日常』(13)と数々の作品に出演。14年は、『パズル』、『クジラのいた夏』、『日々ロック』と主演作が立て続けに公開され、TVドラマではCX「僕のいた時間」、「若者たち2014」に出演など、今注目の若手俳優の一人。今年は『ビリギャル』も公開される。

杉咲花(すぎさき・はな)/上田紗英

1997年生まれ、東京都出身。
2012年、『桜蘭高校ホスト部』の映画に出演後、『ナゾトキネマ マダム・マーマレードの異常な謎~出題編~』『ナゾトキネマ マダム・マーマレードの異常な謎~解答編~』(13)、『思い出のマーニー』(14 / 声の出演)、『イン・ザ・ヒーロー』(14)などに出演。15年も、『繕い裁つ人』、『トイレのピエタ』に出演。TVドラマ「夜行観覧車」(13 / TBS)、「なぞの転校生」(14 / TX)、「学校のカイダン」(15 / NTV)と話題作へ出演している。
14年11月に発表された「日経トレンディ2015年の顔」に選ばれた、注目の若手女優。

森崎博之(もりさき・ひろゆき)/平間造園の親方

1971年生まれ、北海道出身。
96年、北海学園大学演劇研究会出身の安田・大泉・戸次・音尾と共に演劇ユニット「TEAM NACS」を結成、リーダーを務める。2012 年、自身が演出・原案を手がけた「TEAM NACS ニッポン公演『WARRIOR ~唄い続ける侍ロマン』」では全国18カ所にて70,000人を動員した。
03年、『river』で映画初出演。主な映画出演作に、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(08)、『ガール』(12)、『思い出のマーニー』(14/ 声の出演)などがある。

佐戸井けん太(さとい・けんた)/刑事

1957年生まれ、千葉県出身。
劇団夢の遊眠社を経て、『踊る大捜査線』シリーズを筆頭に人気を博し、温厚な役から腹黒い役まで幅広い演技力で知られる。近年の主な作品は、ドラマ「スペシャリスト」シリーズ(EX)、「紙の月」(14/NHK)、「隠蔽捜査」(14/TBS)、大河ドラマ「軍師官兵衛」(14/NHK)、映画『踊る大捜査線THE FINAL 新たなる希望』(12)、『くろねこルーシー』(12)、『悼む人』(15)などがある。

岡田義徳(おかだ・よしのり)/鈴原

1977年生まれ、岐阜県出身。
94年、TVドラマ「アリよさらば」(TBS)で俳優デビュー。
2002年、TVドラマ「木更津キャッツアイ」(TBS)のうっちー役を演じ、幅広いファン層から人気を得る。その後も様々な役柄を演じ、多数の作品に出演している。主な映画出演作は、『太平洋の奇跡 ―フォックスと呼ばれた男―』(11)、『ロック ~わんこの島~』(11)、『神様のカルテ』(11)、『闇金ウシジマくん』(12)、『HK / 変態仮面』(13)、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』(13)、『女子ーズ』(14)、『ガキ☆ロック』(14)など。

吉田羊(よしだ・よう)/上田美智子

福岡県出身。
舞台女優としてキャリアをスタートさせ、近年ではドラマや映画に多数出演する実力派注目女優。主な出演作は、TVドラマ「純と愛」(12/NHK)、「町医者ジャンボ」(13/YTV)、「刑事のまなざし」(13/TBS)、「HERO(第2 期)」(14/CX)、「ウロボロス」(15/TBS)、映画『江ノ島プリズム』(13)、『体脂肪計タニタの社員食堂』(13)、『六月燈の三姉妹』(13)、『赤々 恋』(13)、『魔女の宅急便』(14)、『恋とオンチの方程式』(14)、『幕末高校生』(14)、三谷幸喜脚本・演出の舞台「国民の映画」(11,14)など多数。今年は、『ビリギャル』、『脳内ポイズンベリー』、『HERO』も公開される。

柄本明(えもと・あきら)/上田熊二

1948年生まれ、東京都出身。
自由劇場を経て、76年劇団東京乾電池を結成。
劇場を経て、76年劇団東京乾電池を結成。演劇活動と並行して数多くの映画やドラマで活躍。映画『カンゾー先生』(98)では、報知映画賞最優秀主演男優賞、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ、その年の映画賞を席巻した。その後も多くの作品で映画賞を受賞し、2011年には紫綬褒賞を受賞。近年の主な映画出演作に『悪人』(10)、『神様のカルテ』(11)、『ばななとグローブとジンベイザメ』(13)、『きいろいゾウ』(13)、『許されざる者』(13)、『利休にたずねよ』(13)、『WOOD JOB!』(14)、『正しく生きる』(15)などがある。